松山創生人口100年ビジョン 先駆け戦略

松山創生人口100年ビジョン 先駆け戦略

基本姿勢

(1)徹底した市民目線

松山市人口ビジョンで掲げた「人口減少の克服」は、若い世代の本市での居住や就学、就職、さらに結婚や妊娠、出産、子育て、暮らし一般にわたる希望を叶えていくことで達成していくこととしており、「人口減少社会への適応」では、地域経済の縮小を回避し、市民の暮らしと経済を守るまちづくりを進めていくこととしています。
したがって、本市総合戦略の策定及び推進に当たっては、市民、とりわけ若者や子育て世代の目線や、地域経済の活性化に欠かせない民間事業者の目線に立つことを徹底することとします。

徹底した市民目線

(2)連携と強調、そして切磋琢磨

本市の若い世代の本市での居住や就学、就職、さらに結婚や妊娠、出産、子育て、暮らし一般にわたる希望を叶えていくためには、まずは当事者の意思や努力が必要ですが、行政はもちろん、産・学・金・民・労・言などの各界各層や年配世代が連携・協調して、若い世代を支援してくことが必要です。
また、本市への民間投資が継続して行われ、多様な主体による様々なビジネスが展開され続けていくためには、あらゆる民間事業者に本市での事業活動の機会が与えられ、市民に対する民間サービス向上のために、事業者が互いに切磋琢磨できる環境が必要です。

連携と協調、そして切磋琢磨

基本方針

人口減少を克服するとともに、市民の暮らしと経済を守るためには、国の総合戦略で示された「まち・ひと・しごとの創生に向けた政策5原則」の趣旨を踏まえ、効果的な施策の展開を行います。

(1)自立性 構造的な問題に対処し、各種団体、民間事業者、個人等の自立につながる支援を展開します。
(2)将来性 市民や事業者等が自主的かつ主体的に、夢を持って前向きに取り組むことを支援します。
(3)地域性 本市の実態に合った施策を展開するとともに、市民や事業者等の視点を重視します。
(4)直接性 限られた財源や時間の中で、最大限の成果をあげるため、人口の自然動態や社会動態を直接的に改善する施策を集中的に実施します。
(5)結果重視 具体的な数値目標を設定した上で、効果検証と改善を行う、PDCAサイクルを構築します。