このまちのたんぽぽ
21/24

続ける。 2020年以降、人口の転出入が均衡以上で、2030年までに合計特殊出生率が1.75程度、2040年以降2.07程度で推移することで、約100年後には人口減少に歯止めがかかります。人口減少問題を克服する1 少なくとも今後100年間は続く人口減少社会に適応しつつ、2060年まで市内総生産1.6兆円程度を維持し、市民の暮らしと経済を守るまちづくりを推進します。人口減少社会に適応する2

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る